集落・戸別放送の無線化
無線のもつ大きな特徴に「同報機能」があります
多くの方に同時に情報を伝えることが出来る・・・です
このことは、いざというときは大変重要なことです
有線放送では、その設備のあるところにいかないと放送できません
一般には、公民館とか防災放送柱などがその放送が出来る場所で、いざというときに危険な現場から直接集落にお住まいの方に様子を知らせることは出来ません
また有線放送で、放送柱が整備されてあったとしても、暴風雨ではもちろん聞こえない、風がちょっと吹いただけで聞こえないと言うようなシーンはどこここにあります
防災無線の整備と言うことで、戸別に受信機を置いていらっしゃるところもあります
この方法であれば、放送柱からの放送が聞こえないと言うことはありませんが、役場からの放送以外、集落の放送には使えないのが一般的です
そんな現状から、集落の戸別放送を無線で行うことの出来る仕組みを構築しました
トランシーバーから放送できるのはもちろん、役場からの防災放送の再送も可能です
こうすることで、行政の整備する防災システムと、集落における自主防災システムを一本化することが出来ます
防災無線の再送については、出来る無線装置とやってはいけない無線装置があります
システムの構築に当たり、電波の飛距離と通話内容(利用内容)によって、使用する無線機は選択しないといけません
ここでは、利用に制限のない(免許申請の手間も、電波利用料の負担もない)特定小電力トランシーバーを使用し、放送柱から半径200〜250m程度(ひとつの集落)をカバーする仕組みを具体的にご紹介させていただきます
受信側のアンテナ性能の強化で、もっと長い距離をカバーさせることも考えられます
申請手続きあるいは電波利用料の負担の発生があっても良ければ、カバー範囲を広くすること・・・もっと電力の大きな無線機の利用も可能となります
下段の図にある 無線機 VoIP I/F は、ネットワークに対応しています
この I/F をひとつの無線グループとして、ネットワーク構築が可能です
すなわちネットワークの端末に無線機(トランシーバー)という使い方が可能になります
単純なご説明で恐縮ですが、こちらのような遠隔地間で電話と融合したシステムや他システムと融合したシステム構築が出来ます
詳しくはお問い合わせ下さい

pdfはこちら

どうしても無線機からの音は帯域が狭く聞きづらい年配の方が多い(耳が遠い、高音が聞きづらい)
これらの事情で、音色が固く、音圧の高い小型のトランペット型スピーカーを採用しました
(補聴器を使用の方には、あまり高域強調はよろしくないようです)

写真にはありませんが、ACアダプタが付属します
本体サイズ:200x135x50(突起部別)

放送受信があると,スピーカーからその内容が聞こえると同時に、赤の大型LEDが点灯し、またその時からの経過時間をLCD表示します
不在時に放送があっても、いつ放送があったかが分かります
このことで区長さんなりご近所さんに、その内容を聞いて確認することが出来ます
本当に危険な状況なら、一緒に行動することが容易に可能となります
放送内容を録音する仕組みでは、自己判断で終わってしまい、先の地域で連携した防災と言う動きにならないと言う考えからこの方式を採用しています
赤色大型LEDが点灯している間は、黄ボタンを押すことでLCDのバックライトが点灯し、暗がりであっても放送があった時間を確認することができます
必要に応じて、外部アンテナを選択して利用することが出来ます


週間クールサイトに選ばれました
無線LAN専門サイト
青電舎:担当 堀
   Mailは seiden_atmark_po.harenet.ne.jp (お手数ですが、_atmark_を @ に直して下さい)
      お電話では、(086)275−5000 
      FAXは、0120−545000
      〒703−8207 岡山県岡山市中区祇園433−6