LTEトランシーバがLAN対応
有線・無線LAN接続が可能に・・・
ICOMより IP−500M が新登場


LTEでは馴染みの、アンテナ2本構成です
見た目は、やはり「無線機」です!
携帯機 IP−500H に続き、車載機として登場

ユニークなのは、イーサ−コネクタを持ち、AP機能を搭載していること です

PC側のゲートウェイ IP−500G も用意があります

IP−500G IP−500H
IP−500Gの代わりに、IP−500Mを置くことで無線機同士という仕組みになります
IP−500Gを経由してPCを置くことで、PCをコンソール(制御卓)として使用することで、子局の位置情報の表示も可能になり、マイク/スピーカー(PCに外付けになるでしょう)を使って、子局と送受信が可能になります
■接続のイメージは、以下の通りです
  無線機本体からは、イーサ−コネクタ(ジャック)が出ています
  無線機には、AP機能が内蔵されています(飛距離は期待できません!)
  同一ネットワーク上(ローカルネットワーク上)で接続して運用できます
■一番わかりやすい本仕組みの狙っている運用形態は、以下の配送業者さんのシーンでしょう
■ポジショニング・モニタ・ソフトPM−IP500は、無償提供されます(地図データは別途)
 今後ニーズの高まるデマンド交通にも向いていそうに思います
  ※昭文社スーパーマップル・デジタル16(15) 全国版に対応
■以下のように、HUBイメージで接続・運用できます
  データ扱い量が多いと思われる場合は、128Kbpsプランでなく、512Kbpsプランを選択
  無線ブリッジと組み合わせる運用も可能でしょう
Au網を使ったクローズなネットワーク接続です(インターネット上には出ません)
セキュリティ上、安心できます
128Kbpsプラン  ¥1,800(月額/税別)   512Kbpsプラン  ¥2,400(月額/税別)
    
この仕組みがあれば、こんな利用が出来そう・・・ちょっと考えてみて下さい
ローカルIPでネットワークが組めますから、同一ネットワーク上に、無線ブリッジなどいろんな通信方式が同居出来ます
特小無線のような、連続通信時間の制限もありません(テレメータのような連続送信に耐えます)
もちろん、双方向の通信が可能です

月額料金の発生に、抵抗が生じるかも知れません
「光」を張るしかないか・・・というところで、低容量データ通信でこと足りるところなら、この方法で実用出来るでしょう
専用線を維持するより、間違いなく安価です
    


週間クールサイトに選ばれました
無線LAN専門サイト
青電舎:担当 堀
   Mailは seiden_atmark_po.harenet.ne.jp (お手数ですが、_atmark_を @ に直して下さい)
      お電話では、(086)275−5000 
      FAXは、0120−545000
      〒703−8207 岡山県岡山市中区祇園433−6