接点状態の無線通知とIP化
登録局の利用で見通し5Kmの伝送も・・・それも複数箇所に対応
Webサーバに反映させるためのftpクライアントも用意
ICOM 9P外部コネクタが採用されている登録局/デジタル型トランシーバに対応します
何をするもの、させるもの!?
 複数の接点情報(Open,Close)を遠くまで届けるものです
 簡易な特小では飛ばない、IP化を意識して無線LANを使おうとしても飛ばない(見通し外)など
 意外とニーズはあっても実現が困難なケースが多い用途を実現させる可能性を持ちます
   1.道路、あるいは河川情報の伝達、表示
   2.シーケンサの一部の無線化
   3.駐車場など稼働表示(サイネージ)
 ・複数箇所の情報を一元で管理、活用したいケース
 ・情報をリレーして活用したいケース
 ・同じ情報を、複数箇所で利用したいケース

 電波の飛ぶ範囲での利用であれば、携帯網を利用するケースに発生するコスト/月額使用料は不要で、ランニングコストのかからない仕組みの構築が可能です(電波利用料は発生します)
 携帯網利用に制限かかかるケースの発生などに対しても、影響を受けない独自インフラというメリットがあります(災害発生時などの利用に対して、安心の要素)

 単純なリモコン(接点ON情報送信)とは異なり
  1.一定インターバルで接点状態を確認して、その状態を送信
  2.発信元がどこであるかが分かる「ID」情報を付加して送信
 今回作成したものは、
  1分インターバルで、接点状態を監視、結果を送信します
  IDの管理は、2bit 4箇所(4台)の無線機(装置)を受信機1台で管理します

■無線の持つ同報性を活かします
 受信装置側は、台数の制限がありません
 送信装置1に対し、電波の飛ぶ範囲内で、n個の受信装置に対して情報の伝達が可能です

■登録型トランシーバ(3R 出力5Wまで IC−D60 IC−DPR6など)に対応
 最大5Wのハイパワー・・・かなりの飛距離が期待できます

■IP化
 情報をWeb化してスマホでも提供
 Webサーバに、得た接点情報をftp送信するクライアント装置を用意しました
 2bit管理であれば、4箇所の情報を一元化して送れるので、ここに携帯網を利用したとしても、個々に携帯網接続をする仕組みに比べ、1/4のコストでOKということになります
 有線接続出来るルータがあるところまで無線で飛ばせることが出来れば、ランニングコストは事実上「¥0」です

接点監視を遠隔で行える装置(RCM4 ID:2bit管理
送信側装置(RCM4-T)

本体サイズは、約110x140x47mm(突起物を除く)
ACアダプタを使用します(無線機供給は別)
RCM4-Rでは、本機4台まで対応できます

接続する外部装置と絶縁のために、リレー受けとしました(入力は、1回路です)
そのため、ACアダプタが必要になります
回路そのものは、無線機からの電気供給で動作
この装置で「ID」も付加します
    
受信側装置(RCM4-R)

本体サイズは、約150x170xx55mm(突起物を除く)
ACアダプタを使用します(無線機供給は別)
本機1台で、4台までのRCM4-Tに対応できます
(「ID」4つまで識別できます)

こちらは、4回路の出力です
IDを読んで、対象の端子を送信側と同じ状態にします
接点は、それぞれ絶縁されたもので、
  容量は最大
     AC250V  5A
     DC30V   5A
カラー・ケーブルは、IP化する装置に接点情報を伝えるためのもので端子とは絶縁されたものです
  
接点情報をサーバに投げるftpクライアント装置
こちらはこちらで単体ニーズがあるかも・・・ですね

筐体はお馴染み? 共通です
外部から受け取る接点情報をファイル化
タイムスタンプを押してサーバに投げます
サイズは、約130x85x33mm(突起物を除く)
現仕様は、1分インターバルで受信装置(外部装置)の接点状態を監視し、その結果をftpサーバに送信します

監視は、1分間に1度 監視結果を後処理しやすいファイル形式で送信します
    2014/10/19 09:15,1,1,1,1     日時+接点情報:4箇所全てOpenの意
    2014/10/19 09:16,0,1,1,1     接点情報No1がClose、他はOpen の意
 このようなテキスト・ファイルにしてサーバに投げます

1日1回、深夜自動で再起動させ、そのタイミングでntpサーバを参照、時刻を校正します
従いまして、監視時間については正確なタイムスタンプを押したファイルが作成できます

発想の転換
従来の発想は、センター管理
発生情報は一度管理センターまで送られ、そこで判断して例えば表示を点灯させる、あるいは水門を開く等行われているケースがほとんどかと思います
この方式では、情報発生場所の追加などシステムの拡張等については、それなりのコストがかかります
ここでの発想は、必要な動作はスタンドアロン、すなわち現地で行えば良い(自動化すれば良い)
その現地がどうなっているのかは、動作ログで確認(現状がどうなっているという確認)ができれば良い、です
こうすることでシステムの運用は楽になるし(センター側の負担が減る)、システムの拡張も容易となるうえ、結果(現状)をオープンにする(Web公開する)ことも容易となるでしょう
コンピュータで言うところの、その昔のマスタ/スレーブ方式から、最近のサーバ/クライアント方式への移行と、言わば同じ考え方の転換かと思います
      

監視インターバルの変更、監視接点数ほか、ご希望の仕様に合わせた設計・製作のご相談に応じさせていただきますので、お気軽にご照会ください


週間クールサイトに選ばれました
無線LAN専門サイト
青電舎:担当 堀
   Mailは seiden_atmark_po.harenet.ne.jp (お手数ですが、_atmark_を @ に直して下さい)
      お電話では、(086)275−5000 
      FAXは、0120−545000
      〒703−8207 岡山県岡山市中区祇園433−6