Electrovoice RME4300
1956年の発売
古すぎる?せいか、WEB上ではあまり情報が見つかりません

1.8〜2.0/3.5〜4.0/7.0〜7.3/14.0〜14.35/21.0〜21.5/27.0〜29.7MHz各アマチュアバンドに特化した高1中2(IF=455KHz)のシングルスーパー受信機です
この製品の時代までは、シングルスーパー方式で、プロダクト検波を搭載していないのが、受信機として普通の時代だったようです(AM/CWの時代、アマチュア無線用・・・各バンドを目一杯ダイヤル展開する方式で対応)
SSB対応/プロダクト検波は、オプションで対応となっています

6CB6 6U8 1/2 6CB6 6U8 1/2 6T8 2/3 6T8 1/3 6AQ5 5Y3 
RF MIX
1st IF 2nd IF
検波・ANL
AGC
1st AF AF out       整流
6U8 1/2 6U8 1/2 OA-2
OSC BFO 安定化

の8球構成

あのエレクトロヴォイス社に、受信機というラインアップがあったことを、この受信機に遭遇したことで初めて知りました
そもそも、Radio Mfg.Engineeres.Inc(RME)と言う会社があったようで、Electro-Voice社の1事業として取り込んでいたようです(取説には、RME DIVISION・ELECTRO-VOICE・と言うような記載になっています)
余談ながら、ELECTRO-VOICEといえば、私はEVシリーズ・マイクロホンしか持っていませんでした!(あと、スピーカーがあるくらいくらいしか知りませんでした)
ほとんど情報がない中で、取扱説明書のコピーが付いていましたので助かりました

巾419 x 奥260 x 高260  重量12.6kg
受信モードは、AMとCWです
SSBについては、外部アダプタの用意があったようです(RME Model 4301:本機には、外部接続端子/入出力端子が付いています)
CWモードでは、AGCはOFF、BFOをON、BFOレベルはOSC回路のプレート電圧を可変、こういった構成になっています
この状態で、RFゲインを調整してSSB受信も出来ます(AGCは、強制OFFになっています!)
電源SWが、AFゲインボリュームではなく、RFゲインボリュームに付いている意味が、よく分かります
選択度の向上には、シングル・クリスタルフィルタ(フェイジングタイプ:3段切替)/その昔よく使われていた方式が採用されています
写真右の縦のシールドケースの中がそのものです
RF部は、ご覧のように頑強に作られ、かつしっかりシールドしてあります
また、配置あるいは配線についても、よく考えられています
構造からして、電源部、RF部、IF以降部と、きちんと整理されています
基本中の基本、ということでしょう

当時の日本製品(一例:9R42Jの頃、9R59の発売は、1960年)に比べ、感度/安定度/選択度・・・受信機の基本3S全てについて、一歩も二歩も先を行っています
日本が、なんとか追いつきたいとUSの後ろを追っかけていた時代です
手にした時点では、感度の低下とBFO周波数のズレがありましたが、一部真空管の交換と調整により、SSBもそれなりに受信できるようになりました(そうは言っても、当時のコツが必要です!)
この時代の受信機の不思議
いつも感じることですが、チューニングはダイヤルのバックラッシュほかその時代の性能、あるいは経年変化により面倒な(クリティカルな)ケースが多いのですが、いざ合わせてしまうと意外と安定度が良いものです
SSB/CWでも使用に耐えるくらいの安定度です
プロダクト検波も内蔵していない時代なのに・・・真空管かつシングルスーパーへテロダイン、それでもです
ここでは、メカがしっかりしているとしか評価が出来ません
この時代の「ものづくり」には、手間がかかっているということです
昨今のデジタル機器/技術とは、全く味の違ったアナログ製品/技術の世界です
2015.01 
Electrovoice プリセレクタ DB23
電源を入れると「RME」のロゴにバックライト(PL)が点灯、いかにもUSデザインです
右の電源SWツマミは、オリジナルではないようです
アンテナ入力 75Ω/不平衡  300Ω/平衡
出力は、150Ω/不平衡  300Ω/平衡
双三極管 6J6 3本 が使用されています(2段のRFアンプ+バッファ)
対応バンドは、3.5〜4.0MHz 7.0〜7.3MHz 14.0〜14.5MHz 21.0〜21.5MHz、 26.0〜30MHz、スルー回路を持っています(ダイヤル表示の通りです)
巾190mm 高さ125mm 奥行150mm と、コンパクトです

シャーシ裏側です
時代を感じるセレン整流器が見えます
整流管ではないところは、当時、最新方式かも知れません・・・
青色のセレン・・・どこかで見たことが・・・そう、GONSET G-66Bにも使用してありました

段間結合コンデンサですが、ご覧のように線をねじって小容量コンデンサとしてあります!

6dbから26dbゲインが得られる・・・そんな説明が書かれています
2016.11  JA4FUQ

無線機歴史博物館に 戻る


週間クールサイトに選ばれました
無線LAN専門サイト
青電舎:担当 堀
   Mailは seiden_atmark_po.harenet.ne.jp
              (お手数ですが、_atmark_を @ に直して下さい)
      お電話では、(086)275−5000 
      FAXは、0120−545000
      〒703−8207 岡山県岡山市中区祇園433−6