TJ4A 4 BAND BACKPACK TRANSCEIVER 

こんな完成品になるはずなのですが・・・

 本キット組立の悪戦苦闘の様子と
   その結果については → こちら

13.56MHz高周波電源(TR製)が手元にあるので、半導体つながりで、リニア・アンプとして組み合わせて使えるよう、趣味の世界に突入!!でも、出来上がったらそこで終わるんだろうなぁ!?(いつものパターン)
古いものばかりが歴史ではありませんね
最新のものも歴史の1ページに

カナダ Youkits Technology社製
(実際は中国でパッケージングされたものと思われます)
最新デジタル技術でもってキット化された4バンド・トランシーバーです

公称のスペックは、
・3.5/7/14/21MHz
・SSB/CW(エレキーチップ内蔵)/AM(受信のみ)
・RF出力 20W

Heath-Kit以上にキットらしい(要はバラバラ!)部品の山と、ほとんど何もない組立説明で、また一部に非常に小さな部品が使われていますので、特に半田付けはお得意でも目が悪くなった方にとっては、完成までにそれなりに時間がかかりそうな気はします

予想通りの展開でしたが、それでもなんとかON−AIR出来るところまでたどり着きました
RF-GENERATOR改造実験こちら
 1.13.56MHz → 3.5 〜 28MHz対応
 2.TR 2SC2652 → MosFET SD4933  
2014.01
 
    2012.04〜.05  JA4FUQ

無線機歴史博物館に 戻る


週間クールサイトに選ばれました
無線LAN専門サイト
青電舎:担当 堀
   Mailは seiden_atmark_po.harenet.ne.jp
              (お手数ですが、_atmark_@ に直して下さい)
      お電話では、(086)275−5000 
      FAXは、0120−545000
      〒703−8207 岡山県岡山市中区祇園433−6