National NCX-3 トランシーバー
US ナショナル社
 NCX-3 トランシーバー

1963年発売
 80/40/20m 3バンド
 SSB/CWで出力100W
 AMで出力30W
 1μV入力S/N10dB以上
 スタビロ、ファイナルチューブを含めて
18球6ダイオードで構成
 車載運用も意識した電源別タイプ
 (車載ステー・オプションあり)
 シングル・コンバージョン方式を採用
 外部電源にはスピーカーを内蔵
余談:
 このNationalという会社があったため、松下電器産業は、USでは国内と同じNationalブランドは使えず、Panasonicに
 今や、会社名がPanasonic・・・時代の変遷を感じます!
 VFOは、80/20m時と40m時では発信周波数範囲が切り替わります
 IFは、5.2Mhzで、4素子クリスタル・フィルタを内蔵し、受信機としての構成は、高1中3のシングル・スーパーです
 ダイヤルはフリクションドライブ、コリンズ・ヒースキット等と同じで原始的な方法ですが、ダイヤル・タッチはなかなかのもの、1回転約25KHzです
 発売当時、斬新なデザインとシンプルな回路、構造に感心した覚えがあります
 この後、5バンドのNCX−5 ハイパワータイプのNCX−500/1000などが発売されました
 生誕40年を超えますが、SR-2000同様、ちゃんと動作をしてくれました
 その後、本機はQSYして今は手元にありません
資料提供:JA4FUQ

無線機歴史博物館に 戻る


週間クールサイトに選ばれました
無線LAN専門サイト
青電舎:担当 堀
   Mailは seiden_atmark_po.harenet.ne.jp
              (お手数ですが、_atmark_を @ に直して下さい)
      お電話では、(086)275−5000 
      FAXは、0120−545000
      〒703−8207 岡山県岡山市中区祇園433−6