ICOM IC−710 10Wモデル
ご紹介するのは10Wモデル IC-710S本体とスピーカー内蔵電源、そしてスタンド・マイクです

VHFスタートの現アイコム(当時は、井上電機製作所)のHF参戦は1967年発売の、IC-700R IC-700T これが最初の製品ですが、それから時の経つこと10年、1977年に、IC-710というオール・ソリッドステートで、当時としては斬新なデザインの、非常にコンパクトな本格的HFトランシーバを発売しました
アイコム(井上電機製作所)初となるHFトランシーバです

どうやら、このデザインがお気に入りのようで、V/UHFのマシンまで採用されました
この時代の表示は、7セグメントLED、その後は蛍光表示管にと変遷はありますが、同じ型を長く使う・・・その後もこの動きは続きます
HAMバンドのみ(WARCバンドなし)対応のマシンで、パスバンド・チューニングを含むトリプルコンバージョン/ダブルコンバージョン+です
CWフィルタなどオプション設定はありません
CW時は、パスバンド・チューニングの機能で、帯域を狭めて対応するタイプです
(CW:±250Hz巾 CW−N:±100Hz) 

本機の大きな特徴? バンド切替の度に、ガチャガチャとRFフィルタを切り替える大きな音がします
小型化のためのひとつの手法でしょう、後継のIC-720でも採用されています
VFOはデジタル・タイプで、ステップ当たり100Hzで1KHzステップの早送りも可能です
ダイヤル・ロック・ボタンもあります
実際の運用では、100Hzステップでは少々厳しい感じではあります(あとはRITに頼る?) 
当時としては、このあたりが落としどころだったのでしょう   
デジタル化されてはいるのですが、現在と比べると全体の周波数安定度は少し劣ります

筐体上側です

フィルタは2個
上側が、9MHz台 下側が、10.75MHzのクリスタル・フィルタで、この2つを組み合わせてパスバンド・チューニング機能が構成されています

左上のシールドケースの中身は、ALCユニット

基板は、大きく2枚構成
左半分は、送信ドライブ/RF部、右半分はIF部です

下の方に見える白い7つ並んでいるものは、半固定ボリュームで、ケース上面にあるナイロン・ラッチ(ポッチ)で止められてある蓋を開けて、任意に調整できるものです
3つのスライドSWもそうです
壊れていたナイロン・ラッチは新品に交換しました

筐体底側です

右上に見えているウェハーが、バンド切替を担うロータリー・リレー部です(電磁コイル/可動部は反対側に隠れています)
シールドケースの中は、各バンド毎のLPFが納められています
左側の黒いコネクタは、電源接続コネクタです

中央に6組見えているシールドケースが、各バンド(6バンド)の段間トランス(コイル)です
バンド毎に独立してあります
その左横の少しスペースが空いて見えるところに内蔵スピーカーが納められるようになっています

IC-710PX 
今回入手したものは、かなりたばこの煙で燻された感じがあり、清掃も本格的に行うことになりました
左写真の分解清掃の様子は、スピーカー内蔵電源IC-710PXです
外部スピーカージャックは、接触不良が酷く、交換しました
本体も同様に頑張りました!
オリジナルでは、無負荷時17V、最大負荷時13V前後と、定電圧回路を内蔵していません
単なる整流出力です(大容量の平滑コンデンサは採用されています)
本体説明書には、この電圧変化に耐える設計がしてあると記載があります
今回は、10W機ですから4A程度の最大負荷を見ればいいと言うことで、SWタイプの最大8Aという定電圧回路を組み入れました
端子台など少しレイアウトを変更して基板を内蔵しました
入力電圧が少し低めではあるのですが、13Vにセットして最大負荷時でも12.5Vは出ています

清掃以外の今回の取り組み(修復)内容
全体的に動作レベルの低下が見受けられました
40年以上経過しているものですから当然でしょう
意外にも、受信だけをピックアップすると、まずまず正常/カタログ値の動作をしています
機械的には、RIT ON/OFF-SWが壊れています
こればかりは交換品のアテがないし、機能としても必須ではないので、今回は無視しました(RIT動作はしません)

バンド切替動作が不安定
ガチャガチャと動くロータリー・リレーの動作ですが、ご機嫌が良いときは、全く問題ありませんが、ご機嫌を損ねると、切替が出来なくなったり(電源のON毎に1バンドづつ切り替わる状態に)、突然切替動作をしたりします(これは困ります!)
色々チェックをしてみた結果、機械的な負荷が大きくなっていると判断、リレーの可動部分全てにシリコングリスを塗布、清掃したところ、安定な動作になりました(稼働音も少し大人しくなった!?)

送信パワーがバンド毎に一定ではなく、ALC動作もおかしい(28MHz帯を除きレベル表示が不動)
28MHz帯を除き、段間調整が大きくずれていました
きちんと調整することで、ALC動作を止めて各バンド20W程度得られるようになりました
ここでALC調整をして、出力を各バンド12Wに納めました
このことは、説明書にも記載はありません、独断です
あとは、説明書にあるように、BFO・VXOの周波数を合わせました

最終点検結果は、以下の通りです

■受信感度  
      0.5μV/emf入力で、S/N10db 1.9 〜 21MHz帯
      28MHz帯で、0.6μV/emf入力でS/N10db が得られました
      4dbμ入力でS1、84dbμ入力でS9+60dbと、説明書の記載どおりに合わせました
      40dbμ入力で、おおよそS9を指示します(28MHz帯はS7位)

■送信パワー
      1.9〜28MHz帯  12W前後
      7100KHz以上の周波数帯も、送信します(バンド拡張対応問題なし)
     
7/14MHz帯をワッチしてみましたが、快調に動作します
14MHz帯ダミー負荷で、送信電波、送信音のモニタをしましたが、こちらもそれなりな動作です
           2017.10   JA4FUQ

無線機歴史博物館に 戻る


週間クールサイトに選ばれました
無線LAN専門サイト
青電舎:担当 堀
   Mailは seiden_atmark_po.harenet.ne.jp
              (お手数ですが、_atmark_を @ に直して下さい)
      お電話では、(086)275−5000 
      FAXは、0120−545000
      〒703−8207 岡山県岡山市中区祇園433−6