Hallicrafters  SX-117 受信機
SX-117
意外と、VFOの安定度は良かった
SR-2000と並べて使った時期が少し
ありますが、SR-2000より安定だった
ハリクラフターズ社 SX-117 80〜10m AM/CW/SSB アマチュアバンド専用受信機です

1963年発売当時の価格:500ドル
トヨタ「パブリカ」が1000ドル/36万円カーと言われた時代です。(1$=¥360の固定レートの頃です)
当時でも、HT-44という送信機(SSB/CW:100W AM:35W本機と見間違うようなデザイン!)とトランシーブ運用ができる設計でした
まだ、メカニカル/クリスタルフィルターが高価な時代で、トリプルスーパー構成で、選択度の向上のために、50KHzのLCフィルターとTノッチ・フィルタが採用されています
HT-44送信機も、PSNフェーズ・シフト方式のSSBジェネレータが採用されています
日本では、スター(STAR:後に八重洲無線に合併された)SR-700が、本機を真似た回路構成で作られました(1965年)
余談ですが、むき出しのバリコンによる一般的なLCタイプのVFOなのですが、意外というか不思議というか、その安定度は非常に良かったです
1960年代の日本
ちなみに1965年は、日本ではまだAM全盛で、SSBでオンエアすると珍局扱いされた、今では考えられない時代でした
また、自作が中心の時代で、メーカー製品を持つことそのものが贅沢な時代でした
トリオ(TRIO:現JVCケンウッド)からは、9R-59/TX-88Aのベストセラーに続き、SSB機JR-300S/TX-388Sが発表された頃です(当時、この斬新なデザインには、皆が注目しました)
八重洲無線からは、FL/FR-100Bシリーズが当時最高級のマシンとして発売されており、無銭家にとっては本当に高嶺の花でした(本格的フィルタータイプで、トランシーブ操作可能)
SSBトランシーバというものは、まだ国内では市販されていませんでした(トランシーブ操作/送受一体操作が、まだ一般的に普及していない時代)
井上電機製作所(現ICOM)からは、50M/AM、144M/FMポータブル・オールソリッドステート・トランシーバが新登場した頃です
当時の50/144Mトランシーバーは、車載を中心に真空管式(特にファイナル部)が多く、ピィーというインバーターの音が聞こえる電波が多かった中(タクシーあがりの改造無線機が活躍していた)、オール・トランジスタという最新の技術を引っ提げての登場でした
  資料提供:JA4FUQ

無線機歴史博物館に 戻る


週間クールサイトに選ばれました
無線LAN専門サイト
青電舎:担当 堀
   Mailは seiden_atmark_po.harenet.ne.jp
              (お手数ですが、_atmark_を @ に直して下さい)
      お電話では、(086)275−5000 
      FAXは、0120−545000
      〒703−8207 岡山県岡山市中区祇園433−6