気象TOP Vantage Vue 新登場 VantagePro2 US YOUNG



個人向け、気象観測入門モデル
設置も簡単、配線不要のワイヤレス方式


VantageVue 国内仕様 #6250jp
先代の安価な気象観測装置 ウェザーウィザードVに続く後期機種は、北米仕様のワイヤレス式のみだったため、国内適法のワイヤレス版がご用意できるまで、ご紹介を控えておりました
VantagePro2(VP2)シリーズの国内適法ワイヤレス化に続き、こちらの無線部の国内適法化が出来ましたので、国内販売をスタートさせていただきます
新らたにご紹介させていただく製品は、ヴァンテージ・ビュー(VantageVue #6250jp)と言います
価格は、¥77,000(税別)の予定でしたが・・・発売記念と言うことで ¥59,800(税別)
ただ、いつまで、どこまでこの価格を維持できるかは、決まっておりませんので当面と言うことで!

拡張性がなく、観測装置の普及を目的にと言う商品の有する性格から、本モデルにつきましては「個人さま向け」という位置づけで取り扱いをさせていただきます
コンソール表示器は、そもそも互換があるなど、周辺オプションについても兄貴分のVantagePro2シリーズと共通品が多いのも事実です
しかしながら、設置方法が限定される点や、センサの追加など拡張性の問題などから、エンジニアリング目的には、兄貴分のVantagePro2シリーズをお選びくださいますようお勧めをいたしております

このような一体型をしています
風力センサを分離して設置するようなことは出来ませんし、支柱の途中に取り付けることも出来ません
センサ・オプション追加などの拡張性はありません、このものが全てです
計測項目は、風向・風速、屋内外温湿度(屋内センサは、コンソール受信機に内蔵)、雨量、気圧(センサは、コンソール受信機に内蔵)です
PC接続関係やアプリなどは、#6510***  兄貴分のVantagePro2シリーズと共通です

■国内仕様(jp版)
 1.使用電波については、もちろん国内適法/技適を取得してあります
    1mWということで、見通しでおおよそ200m程度までの飛距離とご理解ください
    4階の屋上から1階の室内へ・・・この程度は問題ありません
    が、窓がない(解放スペースがない)ほか電波環境が悪いと、ここまで飛ばないこともあります
 2.PSE取得の国内用ACアダプタを添付します
 3.設置時における初期設定項目についても、迷うことなく済ませることが出来ます
    1.緯度経度
      北緯・東経がデフォルトでセットしてあります
    2.時刻
      Tokyo、Osakaがセットしてあります
    3.雨量計測単位
      0.2mm単位のユニットを搭載しています
    4.単位
      日本で使用される標準的な単位がデフォルトで設定してあります
      m/Sec、hPa、℃、mm/雨量、海抜m など
風速カップは、ヴァンテージプロ、あるいはウェザーウィザードV等と同じですから、全体がコンパクトになっている様子が分かります


兄貴分のVantagePro2シリーズと違って、日射センサ・UVセンサのオプションは選択(追加)できません

その他のワイヤレス・ステーションに接続するセンサ類は、当初ワイヤレスVantagePro2シリーズのものが使用できるつもりで作業を進めてきましたが、トランシーバ・チップを別のものにせざるを得なくなったため、互換が取れなくなってしまいました(利用不可能に)


PCインターフェイス
WeatherLinkは、VantagePro2シリーズと共通です

取付についてはご覧の通り、ポール(φ25.4〜44.5mm)の先端に取り付く形状です
コンソール受信機(表示器)です

PCに接続してデータ処理を・・・オプションの#6510***をお求めください
PCインターフェイスとして、シリアル232c、USBの2種から選択です
(兄貴分のVantagePro2シリーズと共通)

このコンソールの良いところ
停電があっても再起動します
VP2のコンソールは、設定モードで停止してしまいます(バックアップ電池は不可欠!)
同じトランシーバチップが採用できれば、このコンソールがVP2に利用できると思ったのですが、残念!!
商品構成ですが、この写真に写っている内容になります

計測項目は、風向・風速、屋内外温湿度(屋内センサは、コンソール受信機に内蔵)、雨量、気圧(センサは、コンソール受信機に内蔵)です

シンプルで、安価
気象観測入門機としては、最適かと思います

個人の方であっても、手が出せる価格だと思います


くれぐれもですが、
当面、このベース・セット以上の拡張性はありませんので、この点はご注意ください(まず、日射センサが追加できません)
オプション、あるいは価格などは、こちらの 詳細カタログ(約1.7Mバイト) でご確認ください
データシートは、こちら(268kバイト)


並行輸入品が出回っているようですので、改めて正規日本向けモデルほかのご紹介
正規日本向けモデル
      取扱説明書の日本語化
オリジナルの英文説明書に加え、日本語の説明書を添付
保証書の添付
1年間の保証をするもので、期間終了後も有償にはなりますが対応を行います
一般的に、US製品の保証は初期不良のみ、その期間は2週間前後というのが一般的です
ワイヤレス・モデルは特にご注意
型式の後ろに「jp」の付いていないワイヤレス・モデルを国内で使用すれば電波法違反です
コンプライアンスに反した使い方となります
「jp」モデルでは、コンソール受信機に技適シールが貼ってあります
USモデルの飛距離300mは魅力的ではあるのですが、法律違反は今の時代受け入れられません
当社独自の日本語対応(当社取扱品をお求めいただいた方限定)
WLpach
#6510ウェザーリンクに、メニュー日本語化パッチ・ソフトを無償添付
WLpachU
ダイアログまで日本語化したパッチ・ソフトを、安価にご提供(¥9,500/税別)
ブリテン画面(リアルタイム表示画面)も原始的な方法ですが、日本語表示にできるTOOLを含みます(科学館などで好評)
     

当初の計画から変更せざるを得なくなった点
  ■兄貴分のVantagePro2シリーズとの互換が取れない
   理由は、同じチップでありながら、日本のスプリアス基準がクリアできなかったことから
   別のチップを使った新たな基板を起こさざるを得なくなりました(ここまで、時間がかかった原因)
   その結果、
    1.オプションのセンサ・ステーションの利用が出来ません
        VantageVue用のものを新たに準備しない限り、拡張性に期待できません
        当面、この最小システムだけのご提供となります
        US仕様であれば、US仕様のVantagePro2シリーズのワイヤレス・センサ・ステーション
        の使用が可能
    2.コンソール受信機の互換もありません
        同じ箇所に、VantagePro2シリーズとこのVantageVueの同居が可能
        互換がないことを逆手に取れば、こういうことになります





以下、先代入門モデルの生産完了に関わる情報です
まだ在庫のある補修部品もあります


ウェザー・ウイザードV


きっと、もっとも安価で、風向風速の測定が出来る装置でした
アナログパーツの入手が出来なくなったことから、ウェザーモニタUに続き、2007年8月生産を最後に終息しました

製造終了時にまとめ買いした在庫を完売しました(2008.10.8)
長い間ご愛顧いただきありがとうございました


※補修アッセンブリ コンソール表示器を除き、入手(供給)はOKです(2014.03)


ウェザー・ウイザードV  #7425   販売価格  ¥43,800-(消費税・送料別)

※附属ケーブル長
風力:12m
外気温:7.5m
オプションで12m、30mの延長可能
・風向・風速センサー
・室外用温度センサー
・センターユニット
・ACアダプタ
これだけをセットにした製品で、これ1台で屋外の「風向・風速・温度」が
机上で入手できます

風向・風速・温度・体感温度・室内温度が測定できるベーシックシステム
オプションを使えば、雨量及び累積降雨量も測定でき、さらに気象データ管理ソフトでパソコンとの接続していただくことで、より高度な気象データの分析やグラフ表示が可能となります

※:屋外用温度センサーの取付
  なにか百葉箱風な入れ物をご用意下さい
  直射日光の下には置けません
  風向風速計は、32φ以下のマストに簡単に取り付きます
  テレビアンテナを設置するイメージです!!
風向風速センサーとして
    赤城山・・・あの群馬名物「赤城おろし」「からっ風」のおおもとを計ってやろうというプロジェクトが、この製品に目をつけら
    れました。
    風向風速計の計測出力も解析されています。
    6Pのモジュラー(RJ−11 6極4芯)の出力として
      風向:抵抗( 0〜22KΩ可変抵抗)  端子電圧 真北:0mV 真東:628mV 真南:1257mV 真西¥1885mV
      風速:パルス  1回転1パルス出力  1パルスが1m/sに相当
   詳しくは、CQ出版 ハムジャーナル 2002年夏号(No102 5月23日発売)の特集をご覧下さい。
     特別企画 『センサー技術とデータ転送』
   観測内容を無線で飛ばしてWebに公開・・・A/Dコンバーターから関連したソフトまで、実験記事が紹介されています。
     これらの情報をまとめてご提供いたします

風向風速計センサー部分だけの販売が可能です
   風力センサー 一式  上記写真で言えば腕の部分一式と、その一式をマストに取り付ける金具、ケーブル12mがセット
                 ¥27,000(送料・税別)
センターユニット

 この羅針盤タイプのセンターユニットには、刻々と変わる 風向・風速が表示されます。

 また、このセンターユニットを経由して、パソコンとリンクして観測データを取り込むことが出来ます(オプション対応)

 取り込み、および分析・表示については、下段の気象デー管理ソフト 『ウェザーリンク』がご利用いただけます

ウェザーリンク for Windows  販売価格 ¥37,000-(消費税・送料別)
本ソフトを使用することで、パソコンで気象データを管理・分析することが可能となります

・Win3.1/95/98/NT & WinXp 対応※
・測定間隔は、1分から2時間まで設定可能
・ロガーとして30分間隔で約30日分の観測結果をメモリー出来ます(1分間隔で丸1日)
 記憶メモリは、このインターフェイスケーブルに附属します
・テキストデータ書きだし、グラフ表示機能もあります

データロガー(メモリ)、ソフト、RS−232Cケーブル

PS:Mac用もあります(こちらは、英語版です)

※ソフトウェア(#7862)は、Win95/98対応のものとWinXp対応のものを当面セットでお出しいたします
日本語版マニュアル、日本語ディスクは、Win95/98対応のもの用です
ウェザーリンク for Win V4.04 → V5.4(2004/02) → V5.5(2004/12) 
                        → V5.6(2005/12)に変更になる

  事前にインフォームなしで、たまたま検証に使ってみて気づく
  これにより、従来のV4.04と比較して、以下の変化が生じます
  ▼メリット
    OS対応範囲が拡大
      #7862U5(¥11,000)を購入することなく
        Win95 〜 XP まで、全てのOSに対応可能
        バンテージプロ、ウェザーウィザードV、ウェザーモニタUと、データ共有が可能
      ftpクライアント機能で、Webサーバーに、計測データあるいはgif化した「絵」を転送が可能

 当面、新しいV5.5〜5.6(#7862)の出荷分には、旧タイプのV4.04のFDを無償で添付させていただきます
 こうすることで、制限※はありますが、英語が苦手という方に、既存の日本語説明書でお使いいただくことができます(※Win95,98,Meまで)
 PC画面の日本語化につきましては、パッチプログラムの用意があります。
    旧v4.04 → 日本語化Disk(#7863J)
    v5.5〜5.6 → 当社オリジナル(#6510と共通)
Davis社製品リスト(2015年4月1日現在価格表) pdf 74Kb     ウェザー・シリーズ

補修部品の価格表としてご覧下さい
補修部品が入手できる限り、修理対応(基本は、アッセンブリ交換)をさせていただきます
よくお問い合わせがある内容【FAQ】 ●風向風速センサーとして使用できるか?
  下手に細工を考えるより、このコストなら手っ取り早いと
  お考えの方が多いようです
  コンソール〜PC間の232Cプロトコルについて、Davis社
  のWebからダウンロードしたものをご提供します
  これらの情報をまとめまめました → 詳しくは、こちら
●リアルタイムに外部から観測データを受け取りたい
  こちらのシリーズでは、この機能はありません
  コンソールに直接接続されたPC以外の場所でリアルタイムの
  観測値を必要とされる方は、バンテージプロ2をご検討下さい
●ロガー機能はあるか?
  『ウェザーリンク for Windows』をお求めいただくことで
     1分ごとの記録 → およそ1日間
    10分ごとの記録 → およそ10日間
    30分ごとの記録 → およそ30日間
  のデータを蓄積することができます
  ここで注意すべき点が、二点
  その1:温度特性
  基本的に室内での利用・・・コンソールユニットに記憶メモリ
  が付きますので、氷点下とか40℃を超えるような状況下では
  欠測するなど、障害が生じることがあります
  厳しい環境下でのご利用は、Davis社の製品には無理があり
  この場合は、コストは張りますがフィールド用の機器を
  ご選択下さい
  その2:電源確保
  基本的にAC100VまたはDC12Vが必要です
  バックアップ電池は内蔵できますが長時間は期待できません
  最も長時間電池運用が出来るのは、ワイヤレスバンテージプ
  ロで、約一年間の記録が出来ます


測定・表示機能一覧

測定項目 機  能 測定範囲;精度;分解能 システム
ウェザーウィザードV
風向:羅針盤表示 0〜360度;±7度
風速:最大メモ機能、アラーム機能 1〜67m/s;±5%;0.1m/s ※
温度 室内:最高・最低メモ機能、アラーム機能 0〜60℃;±0.5℃;0.1℃
室外:最高・最低メモ機能、アラーム機能 -45〜60℃;±0.5℃;0.1℃
体感温度 風速効果、最低メモ機能、アラーム機能 -92〜37℃;±2℃;1℃
湿度 室内:最高・最低メモ機能、アラーム機能 10〜90%;±5%;1%
室外:最高・最低メモ機能、アラーム機能 0〜100%;±3%;1%
露点 本式は、コンプリートウェザーモニタU以上 コンソールの計算機能では可能
気圧 センサーは、センターユニット内に 880〜1080hPa;±1.7hPa
降水量 日降水量 0〜819mm;±2%;0.2mm
総降水量 0〜9999mm;±2%;0.2mm
日時 12/24時間表示、年月日表示、アラーム機能
PCリンク 専用ソフトウェア 『ウェザーリンク for Windows』 『同 for Mac(英語版)』 別売
       ※精度は、1m/sまたは、5%のうち大きい数字以下 データは、小数点以下1桁まで

●:測定可能
☆:レインコレクター(雨量計)を追加することにより測定可能

製品サイズ
製品 \ 仕様 サイズ(mm) 重さ(g) 付属ケーブル(m)
センターユニット 133×149×76 300 ---
室外温度センサー 6.5φ×32 130 7.6
風力計(風向・風速計) 470×191×121 440 12
レインコレクター(雨量計) 165φ×241 965 12
室外温度・湿度センサー 89×83×38 365 12


主要オプション価格
品 名 価 格(税別)
レインコレクター(雨量計) ¥18,900-
延長ケーブル 風力・雨量・温度の各センサー用 12m ¥4,000-
              同上              30m ¥9,000-
※ジャンクションBOX出力は、イーサーネットケーブルがそのまま使えます(ストレート)
 この場合、ジャンクションBOXの設置(場所によっては防水など)には十分配慮をお願いします
(その他、お気軽にお問い合わせ下さい)



週間クールサイトに選ばれました
無線LAN専門サイト
青電舎:担当 堀
   Mailは seiden_atmark_po.harenet.ne.jp (お手数ですが、_atmark_を @ に直して下さい)
      お電話では、(086)275−5000 
      FAXは、0120−545000
      〒703−8207 岡山県岡山市中区祇園433−6
仕様・記載内容は、お断り無く変更することがございますのでご了承下さい