気象観測装置
 こちらでは、気象観測装置につきまして、リーズナブルなDavis社の製品と、本格的なYOUNG社の製品、およびその使われ方等についてご紹介をさせていただきます
気象TOP VantageVue 新登場 VantagePro2 US YOUNG 気象衛星 NOAA

気象情報といえば「お天気予報」でしょうか?
「天気予報」は、気象予報士に行わせないといけない、
そして、このときの判断に使用する気象データは、気象庁検定品を使ったものでなければいけない
気象業務法には、こう書かれています
放送法には、放送で扱う気象データは、気象庁検定品を使ったものでないといけない、とあります
では、この検定を受けていない、たとえばこちらでご紹介のDavis気象観測装置を使うということは、どういうことになるのでしょうか?
自分で、計測データからこの先のお天気を予測する方はいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの方は自分に必要な気象情報を得る目的でお使いで、「天気予報」ということで気象予報を公示される方は100%いらっしゃらないでしょう
インターネット上に、計測データを開示することは?
まず、インターネットは通信であって、放送ではありません
また、観測データを開示することそのものを制限されることもありません
ここで、気象業務法や放送法に抵触するということは生じません

気象データの実用に向けて
現状では、数少ない気象台とアメダスの計測データだけで十分か、という問題があります(具体的には後述)
最近は、気象レーダーの解析によると・・・というフレーズをニュースなどでよく耳にします
そうです、実際に計測していない、ということです
またメッシュ情報というデータの用意もありますが、観測点がないメッシュについては、周囲のデータからの予測・・・この処理にノウハウがある、と気象協会の方からはお聞きしました
こちらも実測ではない、ということです
いずれも、効率的な運用を行う手法が優先して用いられていると言うことかと思います
数少ない計測点あるいは情報から、広い範囲の気象を予想する、この効率的な運用に関して、気象庁なり気象協会には高いノウハウがあるということになります
ここで、まず問題となりそうなことは、これらのデータはコンピュータ処理後に開示されますから、実測に近い正しい予測値としても、リアルタイム情報ではないということでしょう

農業・減災・環境問題への活用に向けて
猿害対策と共通かとも思いますが、望む結果を得るには、予知予防が重要かと思います
いくらノウハウの詰まったデータといわれても、事後処理の結果であるなら、監視カメラの録画映像と同じで、結果の証人にはなっても、そのときの予知予防にはつながりません(結果から学習して、次に役立てる・・・には、貢献します)
その場のリアルタイムな生の情報こそが、生きた情報ではないか・・・現実にはそう考えます
でも、警報などは国土交通省(洪水警報、気象警報:気象庁)、総務省(火災警報:消防庁)など、決められたところからしか出すことはできません

気象の変化から、災害の発生や生産活動について、自分自身を守るには、気象台/アメダスの設置点のお近くにお住まいの方以外のほとんどの方は、自分で状況を計測するしかない、ということになりそうです
細かい地域を網羅する行政系(気象庁お墨付き)の計測システムがあればいいのですが、現実はコスト問題などから、わずかの計測点からの情報しかないということになります(今風で言えば、ITによるなんとか・・・か?)

これらの実態から、行政サービスだけをあまり当てにせず(惑わされることなく・・・スマホの画面で、今の気温が表示されると、あたかも自分の居るこの場所の気温のように思うかもしれませんが、実際は近くの気象台の計測値です)、自分自身で予知予防を実践していくために、安価な気象観測装置(気象観測ステーション)のニーズも少なからずあるのではないか、と考える次第です
農業では、積算の平均気温とか日射量でもって、生育判断を行うシーンが増えているようです
また再現性を高めるという観点からも、データ管理(農業日誌)は重要ですし、記録を残すことでトレーサビリティにつながり、その経過を公開することで、より消費者の方に安心を届けることもできるでしょう
地域の気象情報が、地域産業発展の後押しをする・・・当たり前のことですが、気象庁では、そんなことはみじんも考えていません(行政は、縦割りですから仕方ないことですし、地方に軸足をおいた発想は、中央の方にはありません)

具体的なご使用先について
取り扱いを始めた15年くらい以上前にあっては、個人ユーザーが中心でした(個人的な興味からお求めの方がほとんど)
今では、多点で同時に計測したい、いわば研究ニーズが一番多くなっています
高額な気象庁検定品だと1式しか買えない予算で、10カ所もの計測ができる・・・
ヒートアイランド現象の検証などが、いい例です
自然エネルギーの活用・・・ソーラーにしろ風車にしろ、気象(風況)との関係は、その得られる結果にとって大きなものがあります
歴史的資産、生物の進化の研究にも、その場の気象(環境)は、無視できません
作業(クレーン)現場では、平均風速が10m/sを超えれば、危険を察知して作業の中止を指示します
土石流の発生の可能性があるところは、土石流発生検知センサの設置カ所より上流で、雨量を計ろう(原因をチェックしよう)という使い方があります
産廃処理施設では、臭いや煙の影響を、風の動きを計測することで予想できます(福島原発では、後から公表されました)
高速道路においては、塩化カルシウム(凍結防止剤))の飛散を予測されている例があります
再現性の高い農業を・・・ファクトリ化したハウス栽培は、少し様子が異なるかもしれませんが、路地あるいは簡易ハウス栽培などでは、積算温度/積算日射量など、気象情報は生育の判断に欠かせない情報となっています
昨今の気象は、昔のように安定な状況は望めなくなり、ちょっとした場所の違いなどで、大きく状況が異なります
同じ場所でさえ、去年のカレンダーをみて作業を行うなどできない、今の気象の大きな変化があります
数少ない気象台/アメダスの情報だけでは、はっきり言って不足でしょう(その場で計らないと、情報として正確ではない=実用的でない)

前置きがとっても長くなりましたが、ここでご紹介している観測装置たちは、世間で言うところの「天気予報」とは、少し違った方向で活躍していることをご理解いただけることと思います

米国Davis社
こちら↑をクリックすることで、Davisのオフィシャルサイトにリンクします
製品の詳細(仕様)、ウェザーリンクの最新バージョンの入手などにご利用下さい
低価格で本格的な気象観測機能を満載した気象観測装置 『ウェザーステーション』 です。
※Davis製品は、気象庁検定取得品ではありませんので、気象業務法・放送法に定めのある天気(気象)予報等には使用できません
気象庁の気象観測ガイドブックも是非ご参照下さい
   
ウェザーリンク・アプリ関連
日本語化・バージョンアップ情報等
環境情報収集システム
Beeeシリーズ
(特願2008−146421) 

こちらは、特小無線を活用!

Davisワイヤレス適法化により
資源をDavisに集中させます
風力センサの単独利用 あるいは
アプリケーションの自作を検討の方へ
ライブ気象台ほか
気象情報のリアルタイム活用
Mail通知システムほか、予知ソリューション
山上げほか農業の遠隔管理 工事・作業現場の管理/安全確保 自然災害予知(減災)
他の参考  こちらは目的に合わせて専用機化したものです
・閾値を超えた降雨や、土石流の発生などを、近隣へ通報 → こちら
・閾値を超えた計測があった場合に、音声により無線通知 → こちら
 遠隔(定点)気象観測システム 遠隔(通い)農業に向けた取り組み
風の道を確保することでヒートアイランド現象の緩和・解消をと、具体的なプロジェクトが東京駅再開発で動き出しました
毎日新聞(2007年6月18日)に詳しく報道されています (『風の道』プロジェクト)
この研究(基礎データの測定調査)の実施にあたり、Davisヴァンテージプロ2 40台以上が使用されました
きっと現在は、場所を変えて活躍していることと思います


国内適法のワイヤレス版登場
2013.06
VantagePro2シリーズ


#6162jp(国内適法ワイヤレスモデル)一式

#6152C(ケーブル式)は上記写真に加え
接続ケーブル30mが標準で付属します



2017年モデル:集雨コーン形状が変更に
強風の雨量計測への影響の軽減が、その目的
結果として、レインコレクタ・ヒータの使用がNGに

集雨コーン部:ひとつ前のモデルの形状です
#6163jp(ワイヤレス・モデル)
センサ・フルセット + 循環ファン

#7716(ポール付き三脚)
 

コンソール表示器(受信機)液晶パネル表示


ウェザーリンク・ブリテン画面(現状気象表示画面)


遠隔地における継続的な気象観測を可能とします


この内容で不日照10日に対応(国内平均日照時間の30%で)
お使いいただく場所などにより、個別に設計します

Davisコンソール内蔵バックアップ電池
(期間は、計測・記録インターバルによって変化)
Davis気象観測ステーションと、弊社オリジナル・マルチ・ロガー/HARUTOWを組み合わせ、独立電源で稼働するように仕上げたものです

1分インターバルの記録であっても10年の連続計測記録が可能です

データの回収は、USBメモリで可能です(PC持参でLAN接続ででも可能)

リアルタイム計測をご希望の場合は、携帯網接続ルータを用意することで、ftpサーバに計測値を投げることも出来ます(この場合、バッテリなどの増強が必要)

Davis装置:φ48.6足場鋼管に取り付くよう大型のUボルトをセットしてあります

本体:400x500x160
屋外用防水キャビネットで、SUSバンドで支柱に固定します(金具添付)

ソーラーパネル:530x530
φ48.6足場鋼管に取付ける専用架台の用意があります

気象観測装置(#6152C)の利用シーンから
  表示を見て情報を利用する ¥126,600(税別) 〜
  #6152Cのみご用意いただければOKです
    ISSセンサ部は、風力センサ部と、雨量計/百葉箱部分に2分されます
風力センサ部は、雨量計/百葉箱部から12mのケーブルで接続されます
   地上高10mに風力センサ、百葉箱は、地上高1.5〜2mに設置  こんなイメージです
記憶装置は有しません(1日の中での最大計測値だけは記憶しています)
    風向風速、屋内外温湿度、雨量、気圧の計測ができます
       オプション・センサの追加で、日射量とUV量の計測が可能となります
   日射センサ(#6450)、UVセンサ(#6490)、センサマウンティングシェルフ(#6673)
    雨量計/百葉箱部からコンソール受信機(表示器)までは30mのケーブルが付属します
    各ケーブルの延長は可能で、例えば雨量計/百葉箱部からコンソール受信機間は、最大300mまで延長が保証されています
    センサへの電源供給は、コンソール受信機から信号線に重畳して行います(配線は1本のみ)
  測定現地にPCを置いて、データ収集する ¥163,600(税別) 〜
     #6152C + #6510SERまたは#6510USB の組み合わせでOK
     #6510は、PCインターフェイスの違いにより2種類あります(232cとUSB)
    #6510は、ロガーメモリ、PCインターフェイス、アプリケーション・ソフトの3点セットです
    計測データを収集するためには、PCの常時接続が必要と言うことではありません
例えば10分ごとの計測・記録で、約18日間のデータ保存が可能ですから、18日以内のサイクルで、PCを接続してデータをダウンロードすることで、切れ目無く連続計測・記録ができることになります
PCでリアルタイムに情報が見たい・・・常時接続してください(専用にPCを用意してください)
    Web気象台というような使い方(遠隔地で計測データを見たい)をご希望の場合は、ftp転送機能を使い一定のインターバルでWeb(ftp)サーバに計測データを投げる必要がありますので、インターネット接続環境と常時稼働のPC、または下記にご紹介のHARUTOシリーズが必要になります
  計測現地にPCが置けないところで、データ収集する(したい!) ¥236,600(税別) 〜
  30分ごとの計測で約54日間までの記録でOKであれば、コンソールに内蔵したバックアップ用の電池](単Uアルカリ電池3本:別売)と#6510の組み合わせで可能です(商用電源不要)
データ(レコード)数:2592を目安にしてください(10分ごとの計測で約18日間です)
コンソール受信機の収納方法(場所)を考えてください
こちらはセンサ部と異なり、屋内仕様です(液晶表示は、0℃以下では見えなくなりますが、動作は−10℃までOK、上限は+60℃)
  データ回収は、現地にPCを持参するか、コンソール受信機そのものの回収により行います(#6510:ロガーメモリは、コンソール受信機背面に取り付けられています)
  もっと短いインターバルで、あるいはもっと長期間の計測を行いたい場合のために、当社ではオリジナル・マルチ・ロガー HARUTOシリーズをご用意しました
    ・1分ごとの記録でも、10年間以上の期間にわたってデータ保存できます
・#6510SERまたはUSBが必要です(インターフェイスとして気象観測装置側にウェザーリンクが必要)
・データの回収は、USBメモリで可能、わざわざPCを設置現地まで持ち込む必要はありません
・ネットワーク環境があれば、遠隔でリアルタイムの計測値を見ることが可能です
・インターネット環境があれば、計測データをftp転送できます
    HARUTO Wは、単なるロガーとしての機能だけでなく、Webサーバ、ftpクライアントの機能も有したもので標準化しました
    HARUTO Wの設置使用に関して、商用電源の取れない場所への設置を実現するために、独立電源(ソーラーパネル+バッテリの組み合わせ)もご提供しています
    ※設置のためのポールとコンソールなどの収納BOXが別途必要です
  → 遠隔気象観測/HARUTOシリーズ等に関してしては、 こちらでご紹介しています
専用PCを準備するのはもったいない・・・という選択肢もあります!!
Winマシンと違ってハングアップの危険もないですし・・・省電力で悪環境下でも連続稼働に強い!です
    ■よりリアルタイムに計測値の遠隔取得をご希望の方向けに、HARUTO Wをご用意しました
 こちらは、最短1分インターバルで送信が可能です(インフラの状態に影響を受けます)
→ Davis社によるクラウド・サービス
下段にてご紹介の「WeatherLink IP」の説明をご覧下さい
データのダウンロードについては有償・・・年間¥5,800/税別の費用がかかりますが、自身でWEBサーバ/アプリを用意すること無く遠隔計測が可能となります(ただし、データ・ダウンロードは手動です!)

ここからは、気象観測装置そのもののご説明です
●風向・風速・温度をボタンひとつで簡単に気象状況を知ることが出来ます
 大型の羅針盤タイプの表示には、刻々と変わる 風速・風向が表示されます。
 さらに気象データ管理ソフトとパソコンをご使用いただくことで、さらに高度な気象データの分析、グラフ表示ができます。
 センサとして、日射計、UVセンサなど用意されているものもあります(機種によって接続の制限がございます)

●電源は、AC100Vアダプタ対応(システム電圧DC5V)となっておりますので、ソーラーパネルなどの独立電源システムと組み合わせれば、コンセントの無い場所でも独立運用することが出来ます。
 ワイヤレスの製品につきましては、センサ部、あるいは中継装置はソーラーパネルを内蔵し、独立電源の形態が最初から用意された物もあります。
 この場合、必要とする電力はコンソール部のみです。

●ワイヤレス